タブの使い方にビックリ!

特に重要な点として、数千のタブを開いてFirefoxを使用するユーザーの存在が挙げられている。こういったユーザーはテストのためではなく、4GBの制限を超えるためにWin64ナイトリービルドを利用している。

私なんかタブ数が数十でも想像の埒外だったので、千を超えるタブを開いて使っている人がそれなりに居るという事実は、ちょっとしたカルチャーショックでした。
ていうか、そもそも今のFirefoxってそういう使い方にも耐えられる作りになってるんだ、と凄く感心もしてみたり。
あと同様な感覚なのかブックマークも片っ端から登録してるような人も居るらしく、そんなブックマークリストに対してmybookmarks拡張使ったら一体どうなるんだろう?と思ってしまいます。(いや、そんな人は使わないとは思うけど)
多分表示まで相当時間掛かるんだろうなぁ・・・

Vimperaotr再び

最近何故か手に汗をかきやすく、特にマウスにしばらく手を乗せていると汗まみれになってしまって気持ち悪い・・・
ということで特にマウスに頼りがちになるFirefoxをなるべくマウス無しで操作できるように、再度Vimperatorを入れてみることにした。
今回はブックマークツールバー内のリンクにヒント表示できるプラグインも見つけたため、多分ほとんどマウスに頼らず済むんじゃないかと期待。

BookmarksToolbarにもヒント機能を – hogehoge @teramako

dsp74118の補完庫: Vimperatorプラグイン”bookmarktoolbar-hint.js”を Firefox 12.0で動くように直した

あとVimperatorのコマンドラインでIMEをオフにするプラグイン(Linux+ibusでもOK)も見つけたので採用。

Vimperatorのコマンドラインで自動的にIMEをオフにする – 貳佰伍拾陸夜日記

それと”about:mybookmarks”を開くショートカットキーを設定。
ただし、単純にこれを open/tabopen で開こうとすると既に開いてるタブがあっても必ず新規に開いてしまうたのが嫌だったので、下記の設定にした。

"mybookmarks view
map b :javascript ext_ma2ten.myBkmarks.aboutMyBookmarks()<cr>

通常、拡張中のスクリプトはユーザから直接アクセスできないはずなんだけど、Vimperatorを介すからなのかこれだと実行できるみたい・・・いいのか?とは思うけど。(^^;)

続きを読む

ARアプリ

[機動戦士ガンダム]等身大シャアザク出現? AR使い夢の競演実現 | ホビー | マイナビニュース

これは中々面白いARの使い方に感じる。
この場合マーカーは何を使うのか、ガンダム像自体が使える?
形状が予め分かっている立体物だからカメラアングルも割り出しやすいかも。
アングルとCGの質感でどの程度自然なイメージになるかが肝だと思うけど、リンク先の撮影イメージ位なら十分でしょう。
Android版は出さないんだろうか。

MyBookmarks を更新(v0.6.6)

フォルダ配置が今いち思った通りに行かない場合があるのが以前から気になってたんですが、原因が分かったため修正しました。
もう一件気になっていた設定ダイアログの「表示対象フォルダ」に使ってるリストボックスの項目選択でチェック状態が変わってしまうという挙動も解決手段を得ることができたため修正しました。
目立った機能改善という訳ではないけれど、ずーっと引っ掛かっていた点だったので自分としては凄くスッキリしました。(^v^)
ダウンロードは”AMOサイト“または「こちら」からどうぞ。

GeForce GTX-660Ti

久々にグラフィックカードを新調しました。
先月発売になったばかりのGeForce GTX-660Tiです。メーカーはいつものごとくPalit製のOC版を。
さらに最近のこの手のカードにありがちなようにカード長(というかクーラー部分)が長くて、今のケースだとちょっとキツそうなため、一緒にPCケースも新しくしました。
ものはZALMAN Z9PLUSのドスパラコラボモデルのやつ。ケースファンに青LEDが灯って派手です(笑)
今までのケースから新ケースへの換装作業は3時間位かな?結構時間が掛かっちゃいました。
新ケースはメンテナンス性よりもエアフローを重視して電源が下に設置でケーブルの整理ホールも付いたタイプで、その分ちょっと組み付けとかケーブルの取り回しとか若干手間が掛かったけど、内部は随分すっきりしました。
あとこのケースは前面IFパネルにUSB3.0の口があるので、次CPU+マザボを変えた時も対応できます。
ほんとは一気にCPUまで変えてしまおうかとも思ったんですが、もう半年もすればHaswellも出てくるし今変えるのはちょっと半端かなぁ・・・と悩んだ結果見送る事に。
さて、そんなところでお約束のグラボのベンチマークも早速やってみたところ、さすがに2世代ほど違うためか、大体1.5~2倍ほどという大きなパフォーマンスアップが見られました。
例外的に3DMark06では微妙にしかアップせず、こちらはもう頭打ちなのか?という感じ。
近々Witcher2をPC版でプレイしようかなとか思ってて、(CPU周りのスペックがちょっと微妙だけど)これでそこそこ遊べる位にはなったんじゃないかという見込み(期待)。

無線LAN改善

そういやちょっと前に無線LANルータを新しいのに替えました。
最近は家もスマホとかでWiFi接続率が上がっているのですが、前のやつだとリビング出ると繋がらなかったのと、ちょっと動作が怪しくなってきたところがあったので。
まぁ引越し前から使ってて、かれこれもう6年ものですからねぇ・・・
てことで今時のモデルを少し調べてみて、スペック的にも口コミの評判も良さげだったNEC Aterm WR8750Nを選択しました。
結果、今度は一番離れた寝室まで電波が届くようになりました。
あと私のPCで前のやつだと最近OSが起動した後しばらく経たないとネットが認識されない(有線なのにも関わらず)という状況だったのも無事改善されました。
これでとりあえず無線LAN環境は快適になりました。
後はドコモの電波状況改善だな・・・
来週個別調査に来てもらうことになってるので、多分レピータを設置してもらうことになるでしょう。

Linux Mint

Ubuntuを11.10にアップグレードしてしばらく使ってましたが、どうにも使いにくい上に細かい所で不具合とか不都合が生じたりもして困ってました。
で、どうにかならんかなと思ってたところ、同じUbuntuをベースにした”Linux Mint”というディストリビューションを知りました。
やはりUnityに嫌気がさして乗り換える人が増えてるせいで人気が上がってるらしいということで、入れ替えてみることにしました。
結果、うん、随分快適になりました。やっぱUnityダメだ。
まだ一部解消されていない不具合もありますが(ビデオドライバの問題?GTKの問題?よく分からん)、概ね満足です。

Ubuntu:Unityメモ

2年位前から仕事で使ってる環境がLinuxになっている。最初はDebianを使っていたが何かと不自由を感じたためその後無難にubuntuに移行した。
やはりWindowsにすっかり慣れていた身なため最初は色々苦労もしたが、まぁとりあえず作業に支障が無い程度には慣れた。
それが最近OSを最新版にアップグレードしたら、GUIがガラっと変わってしまって、また何かと面倒臭い思いをしている。
Windowsで言うとXPからVista/7に以降したような感じ?個人的にはそれ以上のストレスを感じてるけど。
なんつーかWindowsもそうなんだけど、新しくなると一般的には(主に見た目が)よりスマートな感じになるみたいだけど、小回りが効かなくなるというか、何か使い勝手が悪くなるのは単なる慣れの問題だけでは無い気がしている。
旧型スペックなPCだと全体的に動作がモッサリになっちゃうのもねぇ・・・
Windowsで言えば2000の頃のが丁度良かったし、ubuntuはgnome2で十分だった。
新しいUnityは使いにくい・・・分かりにくいし。
そして何より個人的に嫌だったのが、グローバル・メニュー。(Macみたいにアプリ毎にメニューが画面上部で共有化されるやつ)
これ凄い使いにくいです。マカーの人達はよくこれでやるよなぁと思う。
メニューがアクティブウィンドウと離れてて視線やマウスカーソルの移動距離が大きくなってしまうのが気に入らないんですが、今日別件でググっていたらこれを無効にできる方法を見つけました。
で早速試したらできました。これで一つストレスの元が消えた!わーい\(´∀`)/
てことで備忘録。

$ sudo sh -c 'echo "export UBUNTU_MENUPROXY=" > /etc/X11/Xsession.d/81ubuntumenuproxy'

とした後にリブート。
元に戻す場合は”/etc/X11/Xsession.d/81ubuntumenuproxy”を削除。
あと一つ、何故かFirefoxのウィンドウをいったん最小化した後戻した際に、メニュー関係が開かなくなってしまうことがあってイラつく。
ubuntu標準パッケージだけじゃなくMozillaサイトからダウンロードしたやつでも同じだった。
UnityとFirefoxの相性が悪いのか何なのか・・・

立ちすぎ?

【PC Watch】 サンワサプライ、自然な手首の位置で操作できる人間工学マウス

ちょっと角度急過ぎない?見た目の違和感がハンパ無い。
自然な手首の角度に比べて明らかに立ってないか?
あと全体的にゴツそうでかえって疲れそうに見えるんだけど・・・
ちなみに個人的な印象なんだけど、サンワサプライのマウスってどうも質感的にも構造的にも微妙に安っぽく感じて、実際試しに触ってみても何かしっくりこなくて合わないんだよなぁ。
前にマイクロソフトが同じコンセプトでNatural Wireless Laser Mouseてのを出してたけど、そっちはもっとちゃんとしてた(値段もそれなりだったけど)。
ちょっと前まで家人が使ってるけど、やはり具合良かったらしい。
私はちょっと従来のマウスに慣れてしまって逆に違和感が強かったかも。あとこの頃のMS製のワイヤレスレシーバが無駄にでかくて嫌だったてのもある(笑)
現在生産終了でラインナップに無いんだけど、あんまり受けなかったんだろうか?
でも慣れればやっぱり楽なのかなぁという気はする。(サンワサプライのじゃなく)
最近妙に意図しない(思わず押しちゃう)右クリックとか増えてきてウザかったりするし。(^^;)

Kinect

本来はXbox360用の入力デバイスであるKinectだけど、実は現状本来の用途よりも一版のコンピュータ入力デバイスとしての注目度の方が高いのではないか?という気がしている。
(まぁ自分がそういう方に興味を惹かれるからかもしれないが)
いずれにせよ、こういういわゆるZcam的なデバイスは一般人が手軽に入手できるような市販レベルでは無かったので、ちょっとしたお祭り状態になってますね。
まぁ仕組みは業務用プロ機材とは違って精度とかスペックも比べるべくもないですが、お遊びで使うには十分でしょう。
個人的にゲームの入力デバイスとしてのKinectにはあまり興味も期待も持てないですが、あえてXBox用としてデバイスにプロテクトをかけることなく、USB接続という仕様で出してきたMSはちょっとGJと思います。
フリーでPC用(Win/Linux)のデバイスドライバやちょっとしたライブラリなんかも公開されているようで、すでに色々実験アプリが出てきてますね。
これからも色々面白いアプリが出てきそうで楽しみです。
て訳で、やっぱり自分もちょっといじってみたいなぁ・・・とか思う訳です。(^^;)
ちょっと今すぐだとせいぜいサンプルプログラム動かしておしまいになってしまいそうなので自粛するけど、何かやってみたいこととか出てきたら買っちゃうかも。

← 前のページ次のページ →