迷惑メールが鬱陶しい

しばらく前から携帯メールに迷惑メールが届くようになってしまった。
一体どこから漏れたのか、それともプルートフォースでヒットしてしまったのか。
以前にもあったが、その時はメールアカウントを変更して凌いだ。
が、今回はできれば今のアカウント名を変えたくない気持ちがあってままならない。

ドコモメールには一応迷惑メールを報告する窓口があって、そこに迷惑メールを転送できるようになっているので利用していたら、その効果かどうかは分からないがいったんは落ち着いた。
でも最近また頻繁に届くようになってしまって、こまめに報告しているが今回はなかなか止まない。

送信元のアドレスもランダムに発生させてると思しきいい加減なものなので、単純な送信元ブロックでは対処できず今のところ地道に報告するしかない。
とは言うものの、日に届く数が数なのでそれも凄く面倒臭いのでどうにかして欲しい、と言っても今のところはどうしようも無いが・・・

というか、今回のメールの内容は若干以前とは違って、もう何も考えてないというか凄くいい加減な内容で、こんなん反応する奴いるんか?という位のどうしようもないクズメールばっかりなので余計に腹が立つばかり。
もしも犯人が目の前にいたら絶対殴りつけてるレベルの鬱陶しさである。

やっぱりまたアカウント変えるしか無いんかなぁ・・・ほんと胸糞悪い。

グラボ新調

FF14の3.0パッチリリース(アーリーアクセス)まで一週間ほどになったこのタイミングで、グラボを3年振りに新調することにしました。
今回は2世代ほどスキップして、またGTX960ではあまり新調するうま味が無さそうだったためGTX970にしました。
巷ではVRAM問題とか騒がれてましたが、まぁ個人的にはそれがシビアに影響するような使い方はしないだろうし、次の世代は来年にならないと出てきそうにないし、替え時と判断しました。
また液晶モニタの方もボチボチ替え時な気がしてて、次はできれば解像度をWQHD位にしたいなぁとか思ってて、そうなると少なくとも今までの660Tiでは厳しいだろうとも思った次第。
ちなみに今回選んだメーカーはPalitから離れてZotacにしました。こちらは特別な理由は無いんですが、価格が同程度で家から一番買いに行きやすいPC Depotで扱ってたもので。
実物を見たら今までのに比べて同じようにデュアルファンでも長さが大分短くなってますね。電力効率向上のお陰でしょうか。それともこの製品が採用してる冷却システムの関係かな?
と思ってPalitの方とスペック比べてみたら、Palitの方が4cmほど長いみたいですね。随分違う・・・
早速FF14イシュガルドベンチを流してみましたが、660TiではDX11最高品質モードで6000台の「とても快適」だったのが、10000オーバーの「非常に快適」を実現できました。
こんだけパフォーマンスの向上が見られれば新調した甲斐があるってもんです。(^^;)

Web共有ホワイトボード

シンプルだけどなかなか良さげなサービス(?)。
分かりやすいし、テキストだけのやり取りでは伝えるのが難しい場面で手軽に利用できそうな所が良いですね。余計な広告も付いてないし。
企業の技術宣伝的な意味合いのあるサイトなのかな?

フィッシングメール

今日はこんなメールが届いた。

Subject: 三菱東京UFJ銀行ーー安全確認
Date: Sat, 25 Dec 2010 10:26:41 +0800
From: 【三菱東京UFJ銀行】
To:
——————————————————–

こんにちは!

これは三菱東京UFJ銀行によって行っているユーザ番号の調査です。
あなたのユーザ番号は使用停止になっているかどうかをチェックしています。
あなたのユーザ番号は合法的であることが保障できるために、下記のリンクをクリックしてください。
https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001

あなたのユーザ番号の承認が完成された後、三菱東京UFJ銀行よりあなたのユーザ番号をチェックしていただきます。

まぁいわゆるフィッシング詐欺なんでしょうけど、本当に騙す気があるんだろうか?と思ってしまう位ツッコミポイントがある内容です。

まず送信アドレスが適当過ぎ(笑)偽装してないし。
宛先アドレス(一応一部伏せてます)もそもそも私じゃないし適当、てかここを本当の宛先と合わせなくてどーするよと。
でもなんか先頭の”ma2″だけ合ってるというのが何とも微妙に気持ち悪い。

本文は本文で微妙な日本語な上、内容に比べてえらい軽い文面だしシグネチャも端折ってる。

しかも、何故か日付が3年も前になってる!(意図が分からん)
リストが日時順になってたので、最初新着メールがあるのに見当たらなくて「?」と思ってしまいました。(^^;)
私のとこにもこうやって、しばしばフィッシングメールが届くけど、さすがに過去へ向けたメールは初めてです。

フィッシングメールと言えば、スクエニを騙ったものがいまだに来ます。
でも一時期来てた良くできたやつは無くなり、最近来るやつはこれまたあからさまに怪しい、というか内容も日本語も変だし偽装もいい加減な「騙す気あんのか?」系ばかりになりました。

こういうのって、やってる方に充分な見返りってあるんかなぁ?とか思っちゃうんだけど、無くならないってことはあるんだろうなぁ・・・

PC改善

やはり少しお古なHDD一機での運用は何となく不安なため、SSDをシステムディスクとして追加することに。
まぁ耐久度としてはHDDほどの安心感は無いものの、最近のSSDはそれなりに信頼性も上がってきてるようだし、これがダメになる頃にはさらに値段もこなれてるだろうと。
今回購入したのはADATA SX900S3の128G。SATA3対応なので以前のやつよりも単純計算で2倍速!(容量も倍な分も少し速い?)
まずはIDEドライブが認識される状態にして、中のファイルをバックアップ。
これが物凄く時間掛かった・・・
コピーファイルはそれなりのサイズになるけど、それにしても遅い気がした。
バックアップ先はUSB接続のHDDにしたので多少の影響は考えられるものの、どうもファイル読込みでたまに固まっているように見えたので、やはりIDEディスクの接続状況で何かあるのかもしれない。
何とかバックアップ終了後、SSDを接続して再度新規にOSインストール。
さらにドライバ入れたりWindows Updateも最後まで適用したのだが、手順に慣れた+ディスクアクセスの速さのせいか、途中特にトラブルもなく思いの外早く終わりました。
残したHDDの方はパーティションを分割して、バックアップしたファイルを戻す用のドライブに少し割り当て。
そこへのファイルのリストアはバックアップ時より大分速かったので、やはりIDEディスクとの接続は問題あったんだろう。
あと元のシステムドライブの方もOS関連のファイルは邪魔なだけなので、綺麗にすることに。
必要なファイルだけバックアップして一旦ドライブをフォーマットした後、バックアップファイルをリストアしたので大分すっきりしました。
この辺の作業はバックアップ先にSSDを使ったためサクサク進みました。
これでディスクアクセス関連の問題は解決かな?
電源容量の不安はまだ若干残るけど、そちらもIDEディスクからSSDに変わって微妙にでも改善したかも?
とりあえずこの週末の使用では特別不具合も感じられなかったので大丈夫だと思いたい。

PCパーツ換装

CPUを換えるタイミングを計っていましたが、今のHaswellが良いかなと思ってパーツ換装に踏切りました。
今回新しくしたのは
CPU:Intel Core i5 4670
MB :Asrock H87 Pro4
MEM:ADATA DDR3-1600 4Gx2
電源:玄人志向 KRPW-GN550W/90+
でした。
CPUは前回と同様にHTは不要、今回はOCもしないで定格で行こうという判断での組合せです。
今までもHT無し定格のままでずっと使用していて特に不足を感じることも無かったし、CPUをこれにする事でマザボもH87のを選択できるため投資金を大分抑えられるというメリットがあります。
ということで、自画自賛の今回の換装だったのですが・・・
いざ蓋を開けてみた所、何かちょこちょこトラブルが発生していて、現状満足できる状況には至っていません・・・orz

続きを読む

サンデー!(3D)

オープンキューブ、18万9,000円の 3D プリンタ「SCOOVO C170」発売、国産/日本語ソフトなどで安心導入 – インターネットコム

これ多分今年のIVR展にも実物出してたブースあったんじゃないかと思うんだけど、見逃しちゃったなぁ・・・orz
同価格帯の製品としては、ちょっと前に

遂に十万円台のパーソナル 3D プリンタ登場–イグアス、「Cube」を6月下旬より販売 – インターネットコム

というのもあって、この大きさ・デザイン・値段は画期的で「をー!!」と思ったが、こっちは今年のIVR展で実物を見て、正直言ってあぁやっぱり低価格なりの精度かなぁという印象だったので、SCOOVOが謳い文句通りの精度ならちょっと惹かれるものがある。
(だからと言って気軽に買えるものではないけど ^^;)
にしても、最近になって急激に一般への普及を目指す動きを見せ始めた3Dプリンター業界。
去年のIVR展ではまだ100万前後までの製品しか出てなかったけど、それでも「ここまで安くなったか」と思わせるものがあった。ただ明に一般向けを狙ったものは無かったと思う。
それがここ一年どころか半年位の間に、次々に小型低価格な製品の発表ラッシュがあり、ちょっとビックリしている。
こういうのが20万足らずで手に入って自宅でお手軽に3D造形できるってのは、やっぱり凄い事だなぁと感じます。
でもまだまだ過渡期なので、今後もっと性能が良くて安くなった製品が出てくるんでしょうね。
ワクテカ!

フィッシングメール

スクエニ・メンバーズサイトを騙ったフィッシング詐欺メールが来た。
ちょっと前にも来た事があったんだけど、その時のは日本語も怪しいあからさまなメールだったのでひと笑いしながら即削除した。
それに比べると今回届いたやつは文面も凄くもっともらしく、下手すると引っかかりそうになる位だった。
が、メーラー(Thunderbird)で警告が出て、リンクを(アクセスしただけなら害は無いと判断した上で)クリックしてみたら、Firefoxの方でもフィッシングサイトだと警告が出た。偉いね。
よくよく見てみると、リンクの表示テキストの方はドメインが"square-enix.com"と正しいんだけど、実際の飛び先の方がsquare-enjx.com"となっていた。
あと文面も一ヶ所だけ『ログイン制限の解除方法について以下のURLをご登録ください。』と変な所があって「おしぃ!」て感じ(笑)
でも実の所、この手の言葉選びの間違いとか、最近は日本人の書く文章でもあり得るので、ここだけ見て笑う事はできないかもなぁ・・・

タブの使い方にビックリ!

特に重要な点として、数千のタブを開いてFirefoxを使用するユーザーの存在が挙げられている。こういったユーザーはテストのためではなく、4GBの制限を超えるためにWin64ナイトリービルドを利用している。

私なんかタブ数が数十でも想像の埒外だったので、千を超えるタブを開いて使っている人がそれなりに居るという事実は、ちょっとしたカルチャーショックでした。
ていうか、そもそも今のFirefoxってそういう使い方にも耐えられる作りになってるんだ、と凄く感心もしてみたり。
あと同様な感覚なのかブックマークも片っ端から登録してるような人も居るらしく、そんなブックマークリストに対してmybookmarks拡張使ったら一体どうなるんだろう?と思ってしまいます。(いや、そんな人は使わないとは思うけど)
多分表示まで相当時間掛かるんだろうなぁ・・・

Vimperaotr再び

最近何故か手に汗をかきやすく、特にマウスにしばらく手を乗せていると汗まみれになってしまって気持ち悪い・・・
ということで特にマウスに頼りがちになるFirefoxをなるべくマウス無しで操作できるように、再度Vimperatorを入れてみることにした。
今回はブックマークツールバー内のリンクにヒント表示できるプラグインも見つけたため、多分ほとんどマウスに頼らず済むんじゃないかと期待。

BookmarksToolbarにもヒント機能を – hogehoge @teramako

dsp74118の補完庫: Vimperatorプラグイン”bookmarktoolbar-hint.js”を Firefox 12.0で動くように直した

あとVimperatorのコマンドラインでIMEをオフにするプラグイン(Linux+ibusでもOK)も見つけたので採用。

Vimperatorのコマンドラインで自動的にIMEをオフにする – 貳佰伍拾陸夜日記

それと”about:mybookmarks”を開くショートカットキーを設定。
ただし、単純にこれを open/tabopen で開こうとすると既に開いてるタブがあっても必ず新規に開いてしまうたのが嫌だったので、下記の設定にした。

"mybookmarks view
map b :javascript ext_ma2ten.myBkmarks.aboutMyBookmarks()<cr>

通常、拡張中のスクリプトはユーザから直接アクセスできないはずなんだけど、Vimperatorを介すからなのかこれだと実行できるみたい・・・いいのか?とは思うけど。(^^;)

続きを読む

← 前のページ次のページ →